備前焼陶芸作家矢部俊一公式ホームページ

2019.07.12
山口県立萩美術館・浦上記念館で「THE BIZEN」を開催いたします

明日から山口県立萩美術館・浦上記念館でTHE BIZEN展開催いたします。

会期:2019713日(土)~91日(日)

 

2019.05.30
益子陶芸美術館「The 備前」巡回展

『The 備前』展が開催されている益子陶芸美術館を訪れました。
美術館は眺めのよい高台にありました。城跡だったそうです。
展示は近美とは全く違う構成で楽しめ、とてもゆったりとした時間を過ごせました。
東日本の美術館では最後の展示となります。
会期は6月30日まで

 

 


 

2019.05.28
「Vision-空刻」展 無事終了いたしました

名古屋松坂屋での個展が無事終了する事が出来ました。
たくさんの方々に作品を見ていただき、本当に感無量です。
また次のステージに進めそうです。
ありがとうございました!

2019.05.20
「Vision-空刻」備前 矢部俊一 陶展

会期

2019年5月22(火)〜5月28日(水)

最終日は午後5時閉廊

 

会場

松坂屋名古屋店 本館8階美術画廊

〒460-8430 名古屋市中区栄3-16-1

TEL052-251-1111

 

 

 

 

2019.05.13
「The 備前 ―土と炎から生まれる造形美―」

 5月6日まで東京国立近代美術館で開催された「THE 備前」展が無事終了いたしました。
会場を移しまして、明日から栃木の
益子陶芸美術館で引き続き「The 備前 ―土と炎から生まれる造形美―」展を開催いたします。

会期:2019年5月14日(火)〜6月30日(日)


 
酒器、花器、茶器をはじめ、伝統的な器の作品から、今日的な日用使いの器など紹介。

Presentation of traditional and daily pieces like sake bottles, tea accoutrements, flower vases, and so on.

備前焼の伝統に挑む、陶芸家矢部俊一の唯一無二のカタチ。
オブジェとしての存在感と機能美が融合した造形美。


Unique plastic art by the potter, Shunichi Yabe, who exemplifies the traditional bizen style. Plastic arts which harmonize the strong presence of ornaments and functional beauty.