備前焼陶芸作家矢部俊一公式ホームページ

2018.10.18
「セラミックアート ビゼン 閑谷」に出品します

10/20(土)・10/21(日)  旧閑谷学校/講堂内旧閑谷学校 国宝の講堂にて展示します。

講堂内での展示は初めてだそうです。

フローリスト杉本一洋氏と備前の現代陶芸家との競演が見られます。

備前焼 × 杉本一洋氏 作品展示

歴史上初、

日本遺産旧閑谷学校の講堂( 国宝)内で生命をテーマに展示

出品作家   隠崎隆一・川端文男・小西陶藏・矢部俊一

 日時 :   平成301020日(土)~21日(日)

      AM900PM5:00

 場所 :   特別史跡旧閑谷学校

 入場料 :大人 400円、小中学生 100

      65歳以上 200

 

「セラミックアート ビゼン 閑谷」

 

 

 

    

2018.06.01
2018.03.31
TEFAF展2018閉幕

 3月10日から開催されていたTEFAF展が無事終了いたしました。

 

 会場風景

 

 2階建てに拡張された酉福ブース

 

 

ご来場くださったお客様、そして関係者の方々本当にありがとうございました。

2018.03.09
TEFAF MAASTRICHT 2018

3月10日から18日までオランダ マーストリヒトで開催される

TEFAF MAASTRICHT 2018」に出品されます。

 

2017.11.19
個展が無事終わりました

個展を無事終了する事が出来ました。ご来場下さった皆様、気に掛けて下さった皆様には心から感謝致しております。これからも精進致しますので今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。ありがとうございました。

矢部俊一

 

 



酒器、花器、茶器をはじめ、伝統的な器の作品から、今日的な日用使いの器など紹介。

Presentation of traditional and daily pieces like sake bottles, tea accoutrements, flower vases, and so on.

備前焼の伝統に挑む、陶芸家矢部俊一の唯一無二のカタチ。
オブジェとしての存在感と機能美が融合した造形美。


Unique plastic art by the potter, Shunichi Yabe, who exemplifies the traditional bizen style. Plastic arts which harmonize the strong presence of ornaments and functional beauty.